NIHON KOGEIKAI

第34回 伝統工芸日本金工展

受賞作品解説

平成17年 5月31日更新


4-00029-004-034-00021

日本工芸会賞

ぎんかき「ちょう」
銀花器「漲」

大槻昌子

 銀板で構成された花器の表面を刃鏨で削り取るようにして模様を作り、水や空気の流れ、風吹く様などの無形の自然表情を表現している。  
 その模様の間に赤銅を打ち込み象嵌にして、鏨によるシャープな彫り後と黒い金属部分によって模様をより力強く印象づかしている。逆に、模様部分以外を金消し箔押しを行い、全体を柔らか味に包まれた雰囲気を与え、力強さと暖かさを対比させた減り張りある作品にしている。

(第34回 伝統工芸日本金工展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
2005