NIHON KOGEIKAI
第20回 伝統工芸 人形展
入賞作品解説


6-00026-006-020-00031

朝日新聞社賞
「春 待つ」陶彫彩色
小島康彦(こじま やすひこ)

 無邪気な表情、何気ないしぐさ、春を待ち侘びる幼女の姿は郷愁を誘う。
何のてらいも無い素直なこの作品は、長年の熟練した技術の裏づけに加えて、
作者の誠実さ、いつも保ち続ける童心によって培われた心和むものとなっている。

 粘土で造形、800℃〜900℃で焼成の上に胡粉の地塗り。
顔、手、足は胡粉を塗り重ね、着物は彩色下塗りの上に岩絵具、
同質の顔料等で仕上げた博多伝統の技法である。

(第20回 伝統工芸 人形展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
2003