NIHON KOGEIKAI
第40回 日本伝統工芸染織展
入賞作品解説


2-00215-002-040-00072

日本工芸会会長賞
絣織着尺「丸文格子」
深石美穂


 丸文がリズミカルにならび、黒の格子が全体を引き締め、経糸を浮き織にした花織がアクセントをそえる。この愛らしい織物は経糸と緯糸を絣にした、沖縄の伝統的な経緯絣の技法で織られている。染料にガジュマルの葉をもちいて淡い赤色に染め、濃い赤はその上からコチニールを、格子の黒はログウッドを重ねている。沖縄らしい織技と染料がハーモニーを奏でる美しい絣である。

(第40回 日本伝統工芸染織展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
2006