NIHON KOGEIKAI

第19回 日本伝統漆芸展

平成14年(2002年)

平成14年 4月30日更新


第19回 日本伝統漆芸展 開催要項


2002年度

1.主旨  

 我が国には、世界に卓越する工芸の伝統があります。特に、漆芸は日本を代表する工芸として、古くから芸術的にも、技術的にも高度の発達をしてきました。この貴重な伝統を継承し、一層錬磨するとともに、現代に生かすことは、我々に課せられた責務であると信じます。ここに、伝統工芸の精神にそって、今日の生活に即した創意ある作品を展示し、広く人々の鑑賞と批判を仰ぎ、漆芸の健全な発展に寄与しようとするものであります。

2.名称

  第19回 日本伝統漆芸展

3.開催地・主催・後援・会期及び会場

開催地主催後援会期会場
東京 社団法人
日本工芸会

文化庁
東京都教育委員会
朝日新聞社
2002年
1月23日(水)〜
1月28日(月)
西武百貨店
池袋店
輪島 社団法人
日本工芸会
石川県立輪島
漆芸美術館
輪島市
文化庁
石川県
石川県教育委員会
朝日新聞社
北國新聞社
輪島漆器商工業協同組合
2002年
2月 1日(金)〜
3月 4日(月)
石川県
輪島漆芸美術館
岡山 社団法人
日本工芸会
文化庁
岡山県教育委員会
岡山市教育委員会
朝日新聞社
2002年
4月 2日(火)〜
4月 8日(月)
天満屋
岡山店

4.事務所 

 〒110-0007 東京都台東区上野公園13−9 東京国立博物館内
     社団法人日本工芸会
             電話 03-3828-9789 

 



表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
2002