NIHON KOGEIKAI
第23回 日本伝統漆芸展
入賞作品解説


3-00056-003-023-00071

日本工芸会賞

まきえばこ ぎょえい
蒔絵箱「魚映」

寺西松太(てらにし しょうた)


 秋の河口の浅瀬でハゼが群れる様子が映し出されている。金粉を全体に用いながら、粉 の粒子や研ぎを調節して落ち着いた色調でまとめ、デザインの要所となるハゼの目は青貝 で、水面の泡は蜻蛉塗りと呼ばれる変わり塗りで仕上げるなど、蒔絵の技もしっかりと生 かして見どころとしている。魚・水・波・泡などのたくさんのモチーフを自身の技とセン スで再構成して、なにげない海辺の情景を巧みに表現した優れた作品である。
                                 (記 唐澤昌宏)
(第23回 日本伝統漆芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
2006