NIHON KOGEIKAI
第三十回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


1-00178-000-030-00162

日本工芸会奨励賞

ゆうぞうがんおおざら
釉象嵌大皿

内藤 裕(ないとう ゆたか)


 陶磁器に文様を施すのに、象嵌は古くからの手法であって、
白土又は酸化金属等を陶土に混入、文様を刻み込む。
この大皿は、作者の創意による釉薬での象嵌で、その釉薬の特性が見事にいかされ、
直線的な線条又は、陶土による象嵌に較べて柔らかく温い。

(第三十回 日本伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
2003