NIHON KOGEIKAI
第三十回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


2-00064-000-030-00307

NHK会長賞

はなくらおりきもの「くろしお」
花倉織着物「黒潮」

鳥巣水子(とりす みずこ)


 かって、沖縄の花倉織は、伝承の絶えた幻の織物とされていたが、
三年程前、作者は、民芸館で唯一の現存する藍の花倉織を初見してより、
透しの比類ない美しさに打たれ、様々の試作研究を経て、今回の出品になったと聞く。
 絽と花織が、平織の中に市松風に配置され、各々異った組織のため、
糸使い、風合に格別の配慮がなされる。かつて、琉球王朝の子女が被衣(かつぎ)として
透しの美を存分に発揮したであろう典雅な姿が彷佛とする優品である。

(第三十回 日本伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
2003