NIHON KOGEIKAI
第三十一回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


4-00027-000-031-00441

日本工芸会奨励賞

いぐるみちゅうどうてんもんかき
鋳ぐるみ鋳銅点文花器

大澤光民(おおさわ こうみん)


 この作品は、鋳型にあらかじめ点と線の押し模様をつくり、
その部分にステンレスと銅の線を埋め込み点文をつくり、
熔銅を注ぎ込んで作られたものである。
製作中に土くづれや線が熔けこむ等があり、熟練と勘によるもので、
何回かの試作から出来たものである。
総体は、鋳物肌のままが生かされ、線と点の部分を削(けづ)り仕上げがしてある。
作者は、鋳肌の渋味と磨きあげた金属両目の美を意図して作ったものと思う。
柔かい形の中に、線と赤白の点文で調和のとれた良い作品である。

(第三十一回 日本伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
2003