NIHON KOGEIKAI
第三十一回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


7-00065-000-031-00663

日本工芸会奨励賞

ゆうせんしっぽうごうす「みのり」
有線七宝合子「みのり」

米澤慧聿子(よねざわ えつこ)


 まろやかな合子の表面に、きめ細かく適確なデッサンで銀の「線つけ」をし、
「皿合せ」や「ほうろく合せ」で得た洗錬された色調の釉薬を用いた稲穂の波は、
秋風と共に、見る者の胸に郷愁を運んで来る趣がある。
 銀線を巧みに利用した芒(のぎ)にも、新しい有線七宝の表現が見られる。

(第三十一回 日本伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
2003