NIHON KOGEIKAI
第三十五回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


3-00027-000-035-00346

日本工芸会総裁賞

かんしつきんせんもんはっかくじきろう
乾漆金線文八角喰籠

岡村康子(おかむら やすこ)


 乾漆技法による成形は、堅牢と軽量にある。加飾は中塗まで施した後、金の丸線を象徴し、
その間にうるみ漆を細粒粉に加工した乾漆粉を蒔き、透漆をかけて、金銭と共に研ぐことを
繰り返しながら仕上げる。
その独特の肌合いは、綾線と、金線を効果的にまとめ、親しみのもてる作品である。

(第三十五回 日本伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1988