NIHON KOGEIKAI
第三十七回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


2-00070-000-037-00317.gif

日本工芸会総裁賞

ゆうぜんほうもんぎ ことずいそう
友禅訪問着「古都随想」

羽田 登(はたのぼる)


 複雑な色の重なりや細い縦縞によって染め上げられた地の上に、網目を思わせる力強い、
しかも動きのある上文を堰出しによって表出した。すっきりとした構成になる佳品である。
雅な色感と幾何学的な上文の緊張感がほどよくマッチし、用と美の理想を具現した好例と言えよう。
「古都随想」の題名は碁盤の目のようにきっちりと設計された平安京に繰り広げられた
平安朝の優雅な趣に思いを馳せての命名であろうか。

(第三十七回 日本伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1990