NIHON KOGEIKAI
第三十七回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


7-00027-000-037-00638

日本工芸会奨励賞

ゆうせんしっぽうふたもの
有線七宝蓋物

久保かよ子(くぼかよこ)


 美しい丘状形の12稜の蓋物は、従来の七宝作品に見られない造型であって、
意匠全体がとても新鮮で、洒落ている。稜線の上に銀線を施すことは、至難な技と思われる。
互生して咲いている花は、銀線を放射状に置いてあって、銀箔の上にブルーとピンクを
混ぜた釉でぼかして花を表現しているのは、なんとも言えぬ気持ちよい美しさがある。
地色のコバルト色も、落ち着きがあって美しい。七宝作品中の優品といえよう。

(第三十七回 日本伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1990