NIHON KOGEIKAI
第三十九回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


1-00231-000-039-00219

日本工芸会奨励賞

はすずばち
蓮図鉢

南 繁正(みなみ しげまさ)


 いわゆる九谷系の色絵磁器を主題に追求をしている石川県の作陶家で
はじめての授賞であるが、いままで一般に見ていない新しい色絵表現に挑んだ。
素焼した円形大皿の素地の上に透明性の地釉を施し、その上に下絵顔料を
吹きかけるようにかけて本焼、そして薄い階調の上絵具で蓮の花一輪と葉を
数枚大まかに上絵付したものである。
上絵付の下地に独特の工夫をして、素朴な趣の色絵に仕上げているのが特色。

(第三十九回 日本伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1992