NIHON KOGEIKAI
第三十九回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


3-00018-000-039-00359

朝日新聞社賞

ひょうもんかさねばこ「せいけい」
平文重ね箱「星螢」

市島桜魚(いちしま おうぎょ)


 四段重ねの箱である。素地は檜、本堅地法で塗工程を施している。
平文を主体として平行線を交差させた市松の構成である。
大胆な金平文の幾何学文と、金銀平目地の繊細な引っ掻き文様の対比、また、
面平文と線平文の強弱の対比など高度な技術に裏付けされた
感性の豊かなセンスを感じることができる。
玉虫貝地、金銀の縞等により色調を高め動きを出し、中心からの広がりを
一層強くしている。夜空にまたたく星をイメージした、作者の想いがよく現れた優品である。 

(第三十九回 日本伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1992