NIHON KOGEIKAI
第三十九回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


4-00019-000-039-00444

文部大臣賞

いわけつぼ「おぼろ」
鋳分壺「おぼろ」

井上英吉(いのうえ えいきち)


 鋳分は吹分ともいわれ一つの鋳型に二つ以上の異なる金属を鋳込んで制作する技法で、
此の作品は黄銅(真鍮)と唐金(青銅)の二種類の金属でできている。
鋳込時の瞬間の間合が大事で経験をへてはじめて意図する鋳上りが得られる。
おだやかな形もよく月影の「おぼろ」が鋳分によって表現された優れた作品である。

(第三十九回 日本伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1992