NIHON KOGEIKAI
第三十九回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


5-00085-000-039-00567

東京都知事賞

たばねあみはなかご「き」
束編花籃「気」

藤沼 昇(ふじぬま のぼる)


 花籃の形体としては伝統的花籃にないユニークな形である。
形成する為には難しい技術を必要とするが無難に纏めている。
作者の力量であろう。内編を平割材の六本合せ鉄せん編で底を編み網代編で胴を形作る。
外編は柾割材の束編を底より着せ胴でひねり文様編にして変化を見せ美しく纏めている。
大空を舞う鷲の如くゆったりと左右に美しいカーブを描き力強く安定感のある優作として
はばたいた。恐らく作者は大気をイメージしつつ題したのであろう。

(第三十九回 日本伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1992