NIHON KOGEIKAI
第三十九回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


6-00032-000-039-00614

日本工芸会奨励賞

「ざんしょう」きぼりぬのはめこみ
「残照」木彫布嵌込

重田千恵(しげた ちえ)


 旅先で素晴らしい夕景に出会った作者が、その美しい残照の感激を人形に託したこの作品は、
木彫(桐材)を土台にして、頭、手足は胡粉仕上げ、自染の布地で紋様など、
丹念に嵌め込み仕上げる。この長年の熟達した技術は、地味な色合の中に重みのある
独自の風格を保ち、大きな作品としている。
思わず手を合わせた人形の姿は、鑑賞するものに、ある種の宗教的雰囲気を
誘ふ作ではないだろうか?長い間の人形制作の努力が、ここに実を結んだ優れた作品である。

(第三十九回 日本伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1992