NIHON KOGEIKAI
第四十回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


2-00045-000-040-00287

日本工芸会奨励賞

しぼりゆうぜんほうもんぎ「あさつゆのみち」
絞り友禅訪問着「朝露の径」

木原 明(きはら あけし)


 朝露を含んだ草叢を藍の絞りで影絵のようにあらわし、
ムラサキ露草を糸目友禅で色差して要所に置き、ところどころ花びらや
花芯に刺繍をほどこしている。
 作者は写生で露草の咲く、朝の情景を巧みにとらえた。
作品では全体の調子を淡く抑えながらのアクセントの置き方に細やかな工夫が
感じられる。絞り・友禅・刺繍の技法が互いにひきたてあうさわやかな作品となった。
 製作工程は、はじめに糸目友禅をほどこし、つぎに絞り、最後に刺繍の順序である。

(第四十回 日本伝統工芸展図録より)



表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1993