NIHON KOGEIKAI
第四十回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


5-00087-000-040-00584

日本工芸会会長賞

とちふきうるしふたもの
栃拭漆蓋物

細川 毅(ほそかわ たけし)


 栃の最良の材料を使用し栃拭(ふきうるし)によって材質の美しさを増し、
この作品を格調高いものとしている。この作品は十数回に渡り同じ蓋物に挑戦し
この作品に到達したものと思う。特にこの作品の見所は側面の彫りの美しさにある。
太くても調和せず細過(ほそす)ぎても弱く頃合の幅の彫りであり作者の並み並みならぬ
研究の成果が造形の美しさと格調高い優作を生み出したものと思われる。

(第四十回 日本伝統工芸展図録より)



表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1993