NIHON KOGEIKAI
第四十一回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


3-00088-000-041-00443

朝日新聞社賞

きんままきえじきろう「みずのおと」
蒟醤蒔絵食籠「水の音」

山下義人(やました よしと)


 シナの薄板を積み重ねた材を、くり抜いた積層キ地で丸みのある器形を造っている。
中央に椿を蒔朱蒔絵のやわらかな色調で表現し、廻りの水紋は蒟醤の技法が用いられている。
灰色から白まで四十数色の色テン工程により漸増する微妙な水の動きをとらえている。
静寂な水面の落椿をテーマにして、おだやかな器形に、椿を蒔絵、水紋を蒟醤、
二つの技法をみごとに統一させた秀作である。

(第四十一回 日本伝統工芸展図録より)



表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1994