NIHON KOGEIKAI
第四十一回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


5-00052-000-041-00551

日本工芸会奨励賞

はなかご「うずしお」
花籃「うずしお」

杉田静山(すぎた じょうざん)


 内側に「六つ目編」で籃全体の形を形成し、外編は「網代透編」と「四つ目編」が
バランス良く配置されている。さらに「網代透編」と「四つ目編」の境に染付材を
使うことで、編目が一層明瞭になり、作品全体に動きと引き締まった作風を醸し出している。
 作者は、川の瀬音や、川面に出来る渦をイメージして制作したと言っているが、
新鮮な発想と、長年の修練による技術に裏付けられた佳作である。

(第四十一回 日本伝統工芸展図録より)



表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1994