NIHON KOGEIKAI
第四十二回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


1-00041-000-042-00033

日本工芸会奨励賞

ぬのめさいしきながつぼ
布目彩色長壺

岩田鉄山(いわた てつざん)


 近年陶芸部門の授賞作は少ない。審査委員会の観点が工芸的で技術的に
完成度の高いものを良しとする傾向にあり、陶芸部門が近年とりつつある創造性を
重視する姿勢と重ならないためかと思われる。
勿論両者具備するのがあるべき様である。今回陶芸部門から授賞したこの作品は、
技術的にはさほど目新しいものではない。灰釉を流し掛けし、布目地に釉彩で文様を
表したものだが、胴長の壺の姿に灰釉の流し掛けと大胆な文様が一体化して、
魅力的な作品が生まれたのである。

(第四十二回 日本伝統工芸展図録より)



表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1995