NIHON KOGEIKAI
第四十二回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


2-00071-000-042-00321

日本工芸会奨励賞

もちのりいとめゆうぜんこそで「はまもんよう」
糯糊糸目友禅小袖「浜文様」

萩原いづみ(はぎわら いずみ)


 白い砂浜にうち上げられた貝殻と波の形態を構成したこの作品は、
大胆な斜め取りの直線にマッチした貝の形を、様々な三角形で文様化し新鮮さが感じられる。
切り紙をいろいろと並べ返しながら出来上がったこの貝図は一輪の花弁を思わせ、
貝の持つ可愛らしさを感ずるのは作者の計算された創意であろう。
伝統の糯糊糸目を使用し、線一本一本の置き方の味は作者ならではの技法工夫を出し、
色彩も三段の濃淡を重ねて一層深みのある作品となった。

(第四十二回 日本伝統工芸展図録より)



表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1995