NIHON KOGEIKAI
第四十三回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


5-00078-000-043-00552-2

拡大のアイコンをクリックすると、大きい画像があらわれます。
(写真提供:早川尚古斎氏)

日本工芸会保持者賞

すかしもんようもりものかご
透文様盛物籃

早川尚古斎(はやかわ しょうこさい)


 編組とは、編むと組むという意味で、この作品は組むといわれる技術である。
材料は真竹(まるたけ)の平割(ひらわり)材を一本ごとに巾を細いところと
広いところを削りだし、底部と平面の見込みの部分と別々に構成し、見込みの部分は
四方に扇形に並列し、一辺ごとに中央を平らに曲げそろえて文様の変化を見せる。
誠にユニークな技術で、伝統的な作品の多い中で新しい試みと云えよう。
纏めの難しさを見事に成功させた優作である。

(第四十三回 日本伝統工芸展図録より)



表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1996