NIHON KOGEIKAI
第四十四回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


3-00050-000-044-00399

日本工芸会奨励賞

しゅうるしわりがいかざりばこ
朱漆割貝飾箱

田口善明(たぐち よしあき)


 赤口朱漆面に白蝶貝を使って割貝技法を活かした作品で花園の雰囲気を醸しだし、
形態の菊花散らしに濃淡の変化をつけ、朱塗りの中に溶け込ませ効果的である。
割貝とは貝の裏側に銀粉を漆で焼付け貝の表面に薄い紙を貼り付け硬木の印判状の角で
割線を計画的に入れる。後下付漆を塗り半乾き時に接着し乾かし薄紙を剥がす法で、
貝の厚みまで朱を塗り重ね平滑に研ぎ磨き上げた作品である。

(第四十四回 日本伝統工芸展図録より)



表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1997