NIHON KOGEIKAI
第四十四回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


5-00037-000-044-00532

NHK会長賞

まさわりせんすじりゅうせんもんもりかご「せせらぎ」
柾割千筋流線文盛籃「セセラギ」

勝城蒼鳳(かつしろ そうほう)


 題名の如く正に真竹の柾割材(まさわりざい)の仕事である。線状の底面と、その上に透しあじろを平割材で編み重ね、最上部即ち見つきの面を柾割材を焼曲(やきま)げして波状に組むことによって、あたかも川のせせらぎの如く見るものをして感(かん)じてほしいとの作者の願いであろう。  
 誠に力強く美しい優作である。盛籃ではあるが、花籃として用いてもおもしろいであろう。

(第四十四回 日本伝統工芸展図録より)



表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1997