NIHON KOGEIKAI
第四十四回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


7-00054-000-044-00686

日本工芸会奨励賞

むりょうけん
無陵硯

名倉利幸(なぐら としゆき)


 名の通り墨池と墨堂(陵)の境界は明確ではないが、全体を注視していると、
岩頭に立って深淵を臨む気分を覚える。作者はかつて同趣の作に鐸様硯の名を与えたが、
今回はかどのない大らかな輪郭に対して、縁には稜を鋭く立て、手前にのみ面取りを加えて
作品のアクセントとしている。自然の佇まいそのままの造形を求めたのだろう。
心の表現としての形象に充実感が感じられる。
素材は鳳鳴(ほうめい)石(愛知県南設楽郡鳳来町産)。

(第四十四回 日本伝統工芸展図録より)



表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1997