NIHON KOGEIKAI
第四十五回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


3-00010-000-045-00436

日本工芸会奨励賞

まきえばこ「よう」
蒔絵箱「揺」

向井武志(むかい たけし)


 黒漆の地による空間を大きく取った構図の作品である。
金板金をはじめ金、銀、青金などの平目、青く輝くあわび貝の小片、
卵殻等により表される文様は、水面のさざなみとも空気のゆらめきとも、あるいは
遠い街の点滅する灯火とも見えて、輝き、揺れ動く。
漆黒の中から、ほのかに浮かび上がる抽象的な文様は、
このところ試みている作者の心象風景というが、消え去るでもなく、
強く主張するでもない、ゆらめく光の流れは印象的である。

(第四十五回 日本伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1998