NIHON KOGEIKAI
第四十八回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


5-00156-000-048-00559

日本工芸会奨励賞

たもづくりするうるしりんかもりき
タモ造摺漆輪花盛器

小竹 孝(こたけ たかし)


 菱形輪花とした大振りの盛器で、タモ材の素直な杢の良さと、広やかに展開する
大小十六弁の菊の花びらと盤面、総体の形のバランスとが巧みにまとめられている。
作行きの堅さをうまく回避して、丹念な刳りと指で摺りこまれた漆によってほど良い
軽快さと落ち着きを得ている。労を惜しまず真摯にのぞむ作者の制作姿勢が好ましい。

(第四十八回 日本伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
2001