NIHON KOGEIKAI
第五十四回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


4-00030-000-054-00472

日本工芸会奨励賞

ろうぎんじきんるはこ「はおと」
朧銀地金鏤匣「羽音」

奥村公規(おくむらこうき)


 朧銀板に荒らしを加えた文字通りおぼろなる地を背景に、金砂子の中を大小の蝶が整然と群舞する。羽を大きく広げた姿は、平安時代後期の蝶形金具に着想を得たらしく、古雅な味わいを醸す。羽の斑紋は銀の配合を違えた三種の青金を象嵌し、砂子も金の魚々子(ななこ)象嵌と布目象嵌を併用して、まことに繊細な諧調性を実現した。
                                    (久保智康)

(第五十四回 日本伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
2007