NIHON KOGEIKAI
第五十四回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


5-00073-000-054-00589

日本工芸会保持者賞

じんだいすぎづくりじきろう
神代杉造食籠

灰外達夫(はいそとたつお)


 作者は長年、精緻な木象嵌(もくぞうがん)の技法を探求してきたが、今回はその加飾を一切せず、地の神代杉(じんだいすぎ)の柔らかく優しい素材美を表現した。器形は緩やかな曲線の十弁の輪華で、蓋表は黒や茶の縞模様、側面は木目が細かくそろった材で対比。蓋の稜線や身との合せ目、高台(こうだい)は神代桂(じんだいかつら)で引きしめつつ調和する。高貴な気品に満ち、作者の円熟した心境を示す。
                                    (柳橋 眞)

(第五十四回 日本伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
2007