NIHON KOGEIKAI

第五十六回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


7-00009-000-056-00723

日本工芸会会長賞

よこおきだえんけん
横置楕円研

ほりおのぶお
堀尾信夫


 縁をつけず、横に広がる陸(おか・墨堂)と柔らかく窪む海(墨池)。海の手前の一本のシャープな稜線で端整なフォルムを引き締める。  形のみならず、石材が硯の見栄えを大きく左右する。作家は長年山口県の赤間石の硯を制作するが、今回は特に良い石に恵まれ、赤褐色材の暖かな質感を生かす静かな気品が漂う会心の作となった。
                                    (横溝廣子)

(第五十六回 日本伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
2009