NIHON KOGEIKAI

第五十七回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


3-00337-000-057-00441

日本工芸会奨励賞

いろきりがいかざりばこ「ゆきのはて」
色切貝飾箱「雪のはて」

まつざきしんぺい
松崎森平


 「雪のはて」は、日常から遠く離れた山奥の静かな雪原の風景で、雪の輝きを白漆と螺鈿の光で表した。雪の中に立つ樹々が落とす影は流れるラインとなり、雪は円形の金貝と螺鈿でイメージした。「色切貝」は、作者の新しい創作で、白蝶貝を銀粉で伏彩色し、薄貝はフリーハンドで切って単調にならないように工夫した。非日常の心象風景を、白漆と螺鈿で上品に仕上げた作品である。
                                    (内田篤呉)

(第五十七回 日本伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
2010