NIHON KOGEIKAI

第五十八回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


4-00291-000-058-00412

日本工芸会総裁賞

ちゅうしどうかき「ほう」
鋳紫銅花器「包」

さとうみつお
佐藤光男


 本作品はこれぞ鋳造というべき、腰のすわった重厚感あふれる器形ながら、触れなば切れんといったエッジのきいた線がスマート感をかもし出し、白炭の紫銅焼きによる、炎と闇のような色彩変化や肌合いとあいまって、圧倒的な存在感を表出している。作者はその存在に、いろいろなものを「包み守る」という寓意をこめ命名した。
                                    (伊藤信二)

(第五十八回 日本伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
公益社団法人日本工芸会
2011