NIHON KOGEIKAI

第六十回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


1-01346-000-060-00175

日本工芸会奨励賞

ねりつぎばち
練継鉢

ほしのともゆき
星野友幸


 練継ということばは、ふたつのことを表している。ひとつは、いわゆる練り上げで、白い土に赤い土を練りこんでいることを指している。そしてもうひとつは、鉢の上部と下部をべつべつに作り、それを継ぎ合わせたものであることである。赤と白の対比と、鉢の底部を四角くし、口部はわずかに稜線をかたちづくるなど、デザイン性に富んだ器が美しい。
                                    (榎本 徹)

(第六十回 日本伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
公益社団法人日本工芸会
2013