NIHON KOGEIKAI

第六十回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


3-00343-000-060-00382

朝日新聞社賞

かんしつきんまばこ「まいそう」
乾漆蒟醤箱「昧爽」

やぶうちえみ
藪内江美


 「昧爽」とは、明け方のこと。素地は乾漆。作者の郷里である奈良県北葛城郡の丘陵をモチーフに、古(いにしえ)に想いを馳せつつ表現している。白々と明ける透明感のある空のブルーが印象的な作品で、丸刀で深めに彫り、白から薄い青、濃い青、紫と10種類ほどの色をアト・ランダムに塗り重ねて色埋めした蒟醤で描出している。側面の山際は、光の差し込む背景は同様に丸刀で彫って樹木をシルエットで残し、さらに稜線や樹木に点彫りを加え、濃い紫や白で色埋めし、遠景を焔(けぶ)らしている。
                                   (住谷晃一郎)

(第六十回 日本伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
公益社団法人日本工芸会
2013