NIHON KOGEIKAI

第六十回 日本伝統工芸展
受賞作品解説


4-00113-000-060-00438

第60回展記念賞

ぞうがんかき「めぶき」
象嵌花器「芽吹き」

むらかみこうどう
村上浩堂


 金を交えた白四分一の面に金と赤銅を重ね象嵌して「芽吹き」を表し、二種の銀線象嵌でつなぐ三列四段の周回文様が心地よい律動感を奏でている。やはり「芽吹き」を表現した鋭い切り口の花器は金を加えた銅合金で、そのおだやかな地色と象嵌各素材との色彩の対比が実に効果的である。誰もが目にする自然の息吹が情感豊かに開示されている。
                                    (寺尾健一)

(第六十回 日本伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
公益社団法人日本工芸会
2013