NIHON KOGEIKAI

伝統工芸なぞなぞ百科

NAZO-NAZO-023-D-3-VIDEO


(3)仕上げの工程

美しく仕上げる


QuickTime Movie (3.7MB)

奥山さんは、仕上げの工程で、今では日本で数少なくなってしまった仕上げ師のお一人、原金四郎さんの協力を得ます。緑青と硫酸銅が溶けた熱湯につけられた作品は、打込象嵌の部分の赤銅(しゃくどう)がゆっくりと変色していきます。ところで、太陽の光が金工作品の仕上げに重要な役割を果たしているというのは驚きですね。感光して黒くなった作品は、重曹液でていねいに洗われて、美しい燻し銀(いぶしぎん)になります。

VIDEO : YASUDA TADASHI
2004/03/08


製作著作
社団法人日本工芸会
2004