NIHON KOGEIKAI
第38回 日本伝統工芸中国支部展
入賞作品解説


1-00126-666-038-00010

山陽新聞社賞
牡蠣釉花器
 後藤英夫 

 何といっても牡蛎殻の灰を使った淡緑色の釉調が見どころである。氏の作品は伝統工芸展の本展や、日陶展等にも出品され、注目され始めている。
 作品の、鉢の内・外の表現をかえているのは、現段階における構成上の一つの試みであろう。釉の美しさや効果を生かすのは形態であり、作者の場合も形の表現に今後の課題があると思われる。

(第38回 日本伝統工芸中国支部展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1995