NIHON KOGEIKAI
第42回 日本伝統工芸中国支部展
入賞作品解説


1-00541-666-042-00009

岡山市長賞
象嵌蓋物
奥下寿子

 日本伝統工芸展に於いては、練上げや象嵌は、技術的にも作品的にも過去にない最盛期を迎えている。本支部は備前が主流であり、陶磁器の種類が比較的少ない。青磁や天目、そして灰釉等に、研究する人が欲しい気がする。この作品は山帰来を良く観察し、蓋物に上手にデザインしている。中の図の分量も適切であり、鑑賞者に心地良いリズムを与える。一層の精進を望みたい。(徳田 八十吉)

(第42回 日本伝統工芸中国支部展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1999