NIHON KOGEIKAI
第43回 日本伝統工芸中国支部展
入賞作品解説


3-00036-666-043-00010

山陽新聞社賞
平文蒔絵封書箱「みかん」
小松原 堅次

 塗り分けられた、淡い金蒔きの地に葉付きのみかんと、新鮮な着想に映るみかんの輪切りとが箱の表面全体に配され、新鮮な感覚があって好ましい。金蒔絵と平文(金の薄板に文様に切り抜き嵌め込む)、螺鈿、卵殻で表されたみかんは明るい輝きを放ち、金蒔きの地と対照をなして浮かび上がっている。蒔絵の力量はよしとして、中央にみかんをすえたのはせっかくのリズミカルな雰囲気を乱し、意匠の単調さを招いたように思われる。封書箱としての形や深さも話題になった。(諸山正則)

(第43回 日本伝統工芸中国支部展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
2000