NIHON KOGEIKAI
日本工芸会東日本支部 第33回伝統工芸新作展
入賞作品解説


3-00144-111-033-00316

日本工芸会賞
彫漆食籠「蝶の舞」(ちょうしつじきろう「ちょうのまい」)
松本達弥

ふっくらとした山形の食籠の素地を乾漆で作り、その表面に色漆を約50回白、黄、白、緑、をぼかし塗りをして、黒漆を塗重ねてある。単純化された蝶を三匹表現し、胴は金と銀の平目で、羽の一部は青貝で装飾している。波文は黒の層で浅く彫下げて、わずかに波頭を緑まで彫下げている。丸い形に紋様がしっくりと調和して、全体に黒を主体に上手にまとめてあり優品である。

(日本工芸会東日本支部 第三十三回 伝統工芸新作展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1993