NIHON KOGEIKAI
日本工芸会東日本支部 第40回伝統工芸新作展
入賞作品解説


4-00053-111-040-00314

三越賞
姥口釜「しずく」(うばぐちがま「しずく」)
根来佳昌

 雪明かりの水面に落ちる、水の「雫」このイメージを創作した作品で、惣型技法により挽き上げた型を大事にして、三隅に眞土を置き成型している事が、、全体を暖味のある茶釜にしている。又カン付も水の動きを表現している。全体に調和のとれた斬新な秀れた作品である。

(日本工芸会東日本支部 第四十回 伝統工芸新作展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
2000