NIHON KOGEIKAI
日本工芸会東日本支部 第40回伝統工芸新作展
入賞作品解説


4-00056-111-040-00316

奨励賞川徳賞
銀金彩水指「はる」
萩野紀子

 この作品は使ってみたい、身辺に置いておきたいという工芸の根源に迫るものになった。胴部の柔らかい縦の畝線は作者の繊細な感性を表し、銀と金けしの上品な色彩感は、金属の硬さを感じさせない。観る者を暖かく包みこむ魅力の裏には、高度な金工技術があることを見逃してはならない。願わくば蓋のつまみにもうひと工夫欲しかった。今後が期待される佳品になった。

(日本工芸会東日本支部 第四十回 伝統工芸新作展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
2000