NIHON KOGEIKAI
日本工芸会東日本支部 第42回伝統工芸新作展
入賞作品解説


5-00175-111-042-00319

朝日新聞社賞
花籃「松籟」(はなかご「しょういん」)
小出文生

 この作品は横材と縦材との組技法にて成型されている。
縦材は色と太さの違う平割材を交互に並べ、横材は細い柾割材を束ねて広げ微妙な空間をとりながら
上下と表裏を交差させ松葉文様を作り出している。形体が楕円であることが連続松葉文様を
リズム感のある美しさを出し、松林に吹く風を思わせる。安定した技術が豊かな表現を生んだ優品である。

(日本工芸会東日本支部 第四十二回 伝統工芸新作展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
2002