NIHON KOGEIKAI
第25回 西部工芸展
入賞作品<自由作品の部>


5-00023-999-025-00005

朝日新聞社大賞
欅文盛籃「緋縅」
安倍 基

 鎧は単なる武具ではなく、武士の誇りの装いであり、それがもつ重厚な美を、竹という柔軟で軽やかな素材で追求したものである。鎧の草摺を連想して幅の広狭の竹を縦に交互に配し、広い方は水平にして狭い方には、従来の欅かけに手法から新たに開発した斜十字に組んで積み重ねる技法は、底を少さくしゆるやかに立ち上がってぐっと張った胴へと展開する形と相まって、強靱で迫力豊かな構成になっている。漆で着色した赤の発色も渋いなかに華やかで「緋縅」のイメージが見事に実現されている。

(第25回 西部工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1990