NIHON KOGEIKAI

第44回 西部伝統工芸展 作品募集要項

平成21年(2009年)

平成21年 5月15日更新


第44回 西部伝統工芸展 作品募集要項


 日本工芸会、日本工芸会西部支部、朝日新聞社は、第44回西部伝統工芸展を開催します。
 大陸文化をいち早く受け入れた西日本地域において、すぐれた伝統技術をさらに磨くとともに、
 今日の生活に即した新しく美しい作品の出品を期待します。

■主 催  日本工芸会、日本工芸会西部支部、朝日新聞社

■後 援  文化庁、佐賀県、大分県、山口・福岡・熊本・宮崎・沖縄各県教育委員会、福岡・熊本各市、
      福岡・熊本・大分各市教育委員会、沖縄タイムス社、九州朝日放送、KKB鹿児島放送、
      KAB熊本朝日放送、OAB大分朝日放送、NCC長崎文化放送、QAB琉球朝日放送、
      NHK福岡放送局、NHK熊本放送局、NHK大分放送局

■会期・会場
〔福 岡 展〕2009年5月26日(火)〜5月31日(日)
 福岡三越9階三越ギャラリー(福岡市中央区天神2−1−1 電話 092−724−3111)

〔大 分 展〕2009年6月4日(木)〜6月9日(火)
 トキハ本店8階催場(大分市府内町2−1−4 電話 097−538−1111)

〔熊 本 展〕2009年6月17日(水)〜6月23日(火)
 鶴屋百貨店東館7階鶴屋ホール(熊本市手取本町6−1 電話 096−356−2111)

■出品資格
1. 九州、山口、沖縄各県在住者。
2. 正会員の出品は西部支部所属者に限ります。(審査は自由作品のみ)
3. 重要無形文化財保持者、顧問は審査対象外。

■出品規定
1. 陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸(ガラス、七宝、硯など)の7部門。
2. 制作後3年以内の未発表作品に限ります。
〈自由作品の部〉 伝統のすぐれた技術の練磨、工芸としての美の追求を目的としています。
         制作上での特別な規制はありません。
〈課題作品の部〉 与えられたテーマから、「美」と共に今日の生活に即した実用性を目的に
         制作されるものです。※テーマは毎年変更されていますのでご注意下さい。
(a)陶芸=湯呑み、
    5枚組皿(径18センチ以内)、
    5枚組小鉢(径15センチ以内)
(b)染織=袋もの、のれん、テーブルセンター、ひも類
(c)漆芸=装身具、小物類
(d)金工=装身具、小物類
(e)木竹工=花入れ、小物類
(f)人形=白をイメージするもの(高さ10cm以内)
(g)諸工芸=装身具、小物類(20cm四方以内)

{組物は1点とみなします。
販売を前提とし、応募出品票に販売価格(税抜)明記のこと。
販売価格(税抜)記入のないもの、非売品及び箱のないものは受け付けません。}
※受理した作品は、返品するまで実行委員会が管理しますが、不可抗力によって生じた損害については、その責めを負いません。

■出品点数と出品料(出品料は返金しません)
〈自由作品の部〉一人2点以内。作品1点につき8, 000円。
〈課題作品の部〉一人3点以内。何点でも4, 000円。

■賞
<自由作品の部>
 朝日新聞社大賞(50万円)、日本工芸会賞(10万円)、
 日本工芸会西部支部長賞(10万円)、熊本県賞、大分・沖縄両県知事賞、
 熊本市賞、福岡・大分各市長賞、九州朝日放送賞、沖縄タイムス社賞、
 朝日新聞厚生文化事業団賞、朝日カルチャーセンター賞、
 KKB鹿児島放送賞、KAB熊本朝日放送賞、OAB大分朝日放送賞、
 NCC長崎文化放送賞、QAB琉球朝日放送賞(以上、副賞は未定)
 奨励賞(5点以内、各3万円)
<課題作品の部>
 福岡三越賞、トキハ賞、鶴屋百貨店賞(副賞はいずれも3万円)

■審査員
<自由作品の部>

中ノ堂一信  京都造形芸術大学教授
内田篤呉   MOA美術館副館長
諸山正則   東京国立近代美術館工芸課:主任研究員
北村武資   染織作家・重要無形文化財保持者
武関翠篁   竹工作家
中川 衛   金工作家・重要無形文化財保持者

<課題作品の部>
実行委員会が委嘱した者

■研究会
4月16日(木)10時〜約2時間
陶芸、染織、それ以外の全部門

■発 表
4月中旬の審査終了後、希望者には封書で本人宛に通知します。電話等での問い合わせには応じかねます。〔別紙(6)を参照〕
 自由作品の部の入賞、入選者名と課題作品の部の入賞者名は朝日新聞紙上で発表します。
 自由作品の部の上位入賞者は、紙面に掲載されるほか、朝日新聞社が提供するホームページ、
 データベースなどの電子メディアに収録されることがあります。
 課題作品の部で、入賞以外の鑑査通過作品は、「展示」と表現し、作者名の新聞発表は割愛します。

【個人情報の取り扱いについて】出品の際に記載された個人情報は図録掲載、西部支部からの
結果連絡や新聞取材、各種案内、次回要項の発送等に限って使用します。

■表彰式
5月28日(木)に福岡市博多区のホテル日航福岡で。

問い合わせ先
日本工芸会西部支部
〒812-8511 福岡市博多区博多駅前2−1−1
朝日新聞社事業本部西部企画事業チーム内  電話 092-481-8253



表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
2009