NIHON KOGEIKAI

50周年記念日本工芸会四国支部展

平成19年(2007年)

平成19年 9月18日更新


50周年記念日本工芸会四国支部展 開催要項


1.主旨

  本展は、日本工芸会の主旨に基づき、四国四県の工芸の啓蒙、発展を目的とし、
  平素の研究の成果を集め、広く人々の鑑賞と、批判を仰ぎ工芸の拡充と健全な発展に寄与するものである。

2.名称

  50周年記念日本工芸会四国支部展とする。(以下本展という。)

3.主催及び後援

  主催:NHK高松放送局、社団法人日本工芸会、社団法人日本工芸会四国支部

  後援:文化庁、愛媛県、徳島県、高知県、香川県、香川県教育委員会、高松市教育委員会

4.種目

 (1)陶芸 (2)染織 (3)漆芸 (4)金工
 (5)木竹工 (6)人形 (7)諸工芸

5.会場・会期

  会場:三越高松店(新館5階催物会場)

  会期:平成19年10月30日(火)〜11月 4日(日)

6.出品

 (1)出品資格 出品は公募とし、香川、愛媛、徳島、高知、各県在住者とする。

 (2)出品作品 3年以内の自作で未発表の作品に限る。

 (3)出品点数 1人3点以内

 (4)出品申込及び出品料
    所定の申込用紙に出品料(日本工芸会四国支部会員9,000円)(一般10,000円)を添えて、
    平成19年10月 9日(火)〜10月11日(木)までに本展の事務所に現金書留にて申し込むこと。

 (5)搬入期日及び場所

  イ. 持込搬入
    期日:平成19年10月29日(月)役員 12時〜
                     会員 12時30分〜
                     一般 13時〜14時
    場所:三越高松店(新館5階催物会場)

  ロ. 輸送搬入
    受付期日:平成19年10月28日(日)期日指定
    場所:〒760-8639
        香川県高松市内町7−1 三越高松店 美術気付
       「50周年記念日本工芸会四国支部展 実行委員会 美術部・住本」宛
        TEL:087-825-0738

    出品作品は、必ず安全を確保し得る梱包をし、輸送荷物には出品者名、点数を、必ず表示し
    配達日を指定し、輸送のこと。

   *注意:出品作品には、作者名、作品名を明記した紙片等を作品の裏面その他適当な箇所に
    付けなければならない。

7.受理作品の保管
    受理した作品には引き換えに預り証を交付し、受理した時から返却まで
    主催者は、その保管の責を負うものとする。但し不可抗力によって生じた損害に
    ついてはその責を負わない。

8.業務の処理

  本展の運営のため実行委員会を置く。実行委員会は支部幹事会の議を経て
  当支部長が委嘱する。但し支部長に支障がある時は幹事長が代行する。

9.鑑・審査

 (1)鑑・審査を行うため鑑・審査委員会を置く。

  イ. 鑑査委員は、本展の陳列作品を鑑査決定し、かつ受賞候補作品を選定する。
  ロ. 審査委員会は、重要無形文化財保持者、審査委員、監査委員、特待者の作品の
    合否及び鑑査決定した作品の中から受賞作品を審査決定する。但し、50周年記念特別賞は、
    鑑査員・特待者の作品の中から選定する。

 (2)審査委員会の委員は7名以上9名以内とし、特別会員、正会員又は学識経験者の中から
    本展実行委員会の議を経て実行委員長が委嘱する。

 (3)審査委員会の委員は、実行委員会の議決により9名以上11名以内を
    本展実行委員が委嘱する。

 (4)鑑・審査委員は互選により鑑・審査委員長を定める。但し鑑査委員長は審査委員会の委員とする。

 (5)鑑・審査については異議を申し立てることはできない。

10.授賞

磯井如真賞 1点 副賞
日本工芸会賞 1点 副賞
NHK高松放送局賞 1点 副賞
三越高松店賞 1点 副賞
50周年記念特別賞 2点 副賞
日本工芸会四国支部奨励賞 5点以内 副賞

 *各賞共、授賞に該当作品のない場合もありうる。
  但し重要無形文化財保持者・本展の審査員・鑑査員・特待者の作品は授賞の資格を有しない。
  受賞について意義を申し立てる事は出来ない。

 *レセプション(授賞式)
    期日:平成19年10月30日(火)
    場所:三越高松店本館6階 レストラン ランドマーク
    時間:午後6時〜8時

11.入選発表

  入選発表は平成19年10月30日(火)会場に掲示し、なおかつ同日、書面を以て
  発表する。なお、電話による問合せには応じない。

12.陳列

 (1)陳列する作品は本展の鑑査・審査に合格したものとする。

 (2)陳列は鑑・審査委員及び陳列委員が行う。

 (3)陳列の位置配列等について異議を申し立てる事は出来ない。

13.搬出

 (1)展示作品、選外作品の搬出は平成19年11月 4日(日)午後5時から6時迄に
    預り証と引換えに行い、展示作品は会期中実行委員長の許可なく搬出する事は出来ない。

 (2)輸送搬出を希望する者、または期日に搬出しない作品は、
    着払いにて輸送業者に委託する。

14.撮影・模写

  受理した作品を撮影又は模写しようとする者は出品者及び本展実行委員長の許可を
  得なければならない。
  但し本展主催者、報道関係者はこの限りでない。

15.本展の事務所

  本展の事務所は
  〒761-1703 香川県高松市番町2丁目9−30 香川県漆芸研究所内
         「日本工芸会四国支部展 実行委員会」宛
         (日本工芸会 四国支部 携帯)TEL:090-1576-5560

16.その他

  本要項の他必要な事項は実行委員会が定める。



表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
2007