NIHON KOGEIKAI
第22回 東海伝統工芸展
入賞作品解説


1-00316-222-022-00012

名古屋市長賞
織部象嵌花器
臼井和成

 昨年の日本工芸会賞に続く連続受賞です。今年は見事に思い切った造形を見せてくれました。
 作者の若い感覚は、シンメトリーを排した美しい「あぶなさ」に望みましたが、前作より一層緊密になった縞文様を纒うことで安定感を得て、説得力あるものに結実しています。加えて、全体にかかった織部釉は、淡から濃への美しい階調を見せています。
 勇気ある造形思考と確かな成形技術の融合をみせるこの作品は、これからの伝統工芸の一つの在り方を示す意欲作といえましょう。

(第22回 東海伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1991