NIHON KOGEIKAI
第22回 東海伝統工芸展
入賞作品解説


2-00256-222-022-00103

丸栄賞(東海伝統奨励賞)
絞り染着物「萌生」
垣東照江

 作者は、昨年に続き連続受賞です。絹芭蕉布の素材と筋縫い絞りの技法は数年来追い求めたテーマで、今回の作品もその展開の一つです。「萌生」という題名がしめすこの作品は、自然の生命力と神秘さを表現しようと植物染料をつかい、困難な斜めの筋縫い絞りと下染を合せるのに苦労のあとが見うけられます。絹芭蕉布という生地と染料と技法が、自然に調和した佳作です。

(第22回 東海伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1991